サイバーエージェント、広告活動に限定しない、マーケティングのDXを推進する専門組織を設立



サイバーエージェント<4751>は、インターネット広告事業において、広告活動に限定しない、マーケティングのDXを推進する専門組織「DX Opportunity Center (ディーエックス・オポチュニティセンター) 」を5月1日に設立したことを発表した。

「DX Opportunity Center」は、サイバーエージェントの保有するAI技術やサービス・システム開発のナレッジを活かし、従来の広告活動に限定しない、マーケティングのデジタルトランスフォーメンション化の推進を支援する。

科学的な送客を可能する「店頭における販促プロモーションのDX支援」や、AI技術を活用した商品開発から物流管理・需要予測そして商品販売まで一気通貫して行う「ファンコミュニティ形成によるD2Cブランドのビジネス開発支援」など、様々なソリューションを提供しながら、企業におけるマーケティングのDX化支援を行っていく。

近年、店舗・店頭のDX化やペイメントサービスの普及、マイクロECの台頭によるD2Cビジネスの急成長など、消費行動におけるデジタル化がさらに加速している。また、広告市場においても国内のインターネット広告費はテレビメディア広告費を初めて超えるなど、企業のマーケティング活動において変革が求められるタイミングであり、時代の潮流を捉えた新しい機会創出が期待されているという。
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る