gumi Cryptos、新たなコンセンサスプロトコル「Spacemesh」を運営するUnrulyと日本市場参入のための戦略的パートナーシップ契約を締結

gumi<3903>の連結子会社gumi Cryptosは、新たなコンセンサスプロトコル「Spacemesh」を運営するUnruly Technologiesと日本市場参入のための戦略的パートナーシップ契約を締結した。

「Spacemesh」は、Proof of SpaceTime(PoST)プロトコルを用いたブロックメッシュ構造をベースとした分散型プラットフォーム。ユーザーは個人のコンピューターの余剰ディスクスペースを使用し手軽にプロトコルに参加できる。「Spacemesh」のプロトコルは完全なパーミッションレスで、高いトランザクションスループットをサポートし、ビットコインのようなプルーフオブワークベースのプロトコルに比べてはるかに少ないエネルギー消費しか必要としないため総エネルギーコストが低く、ユーザーの参加も容易となっている。

gumi CryptosとUnrulyは、ブロックチェーン技術の採用ハードルを下げ、オープンで公正なエコシステムを構築するだけでなく、従来のブロックチェーンマイニングプロセスにおけるエネルギー消費を削減するという共通のビジョンを共有している。「Spacemesh」の日本への進出は、日本のブロックチェーン市場の発展に大きく寄与すると考えていることから、gumiグループはマーケティング支援の実施などの様々なサポートを行っていく予定だ。

ブロックチェーンは第3のIT革命を起こすとも言われており、gumi Cryptosは実績のある海外サービスを厳選し、最先端技術を導入していくことで、日本のブロックチェーン市場の発展に貢献していくとしている。

■gumi Cryptos 代表取締役社長 國光宏尚氏コメント
Spacemeshとの戦略的パートナーシップは、世界の暗号資産業界におけるgumiの存在感を強化し、ブロックチェーン技術への理解を深めることになります。日本におけるSpacemeshのパートナーになれたことを光栄に思うとともに、ブロックチェーンの導入、市場の拡大、関連投資の促進、エコシステムの育成について、より多くのコラボレーションの機会を期待しています。

■Unruly CEO Tomer Afek氏コメント
私たちは、未来への鍵は障壁を打ち破ることにあると信じています。ブロックチェーン技術の世界的な適用とその拡大をgumiと一緒に行えることを光栄に思います。ブロックチェーンのエコシステムを進化させる上での日本の役割はイノベーションの震源地と言っても過言ではありません。このパートナーシップから生まれる成果を楽しみにしています。

※Proof of SpaceTime(PoST)プロトコル
仮想通貨のマイニングにおいて主流なPoW(Proof of Work)方式はコンピュータの作業量に基づくのに対しPoST方式では余剰ディスクスペース量とその提供時間に基づいて報酬を分配する。

※ブロックメッシュ構造
ブロックチェーンのようにブロックが一つずつ鎖状に連なるのではなく複数の方向に連なりメッシュ構造を構築する。分散型台帳技術におけるブロックチェーンの抱える課題を解決する代替手段として注目されているDAG(Directed Acyclic Graph)の構造の一つ。
株式会社gumi
http://gu3.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社gumi
設立
2007年6月
代表者
川本 寛之
決算期
4月
直近業績
売上高189億4200万円、営業損益22億6200万円の赤字、経常損益38億9000万円の赤字、最終損益62億7300万円の赤字(2022年4月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3903
企業データを見る