【ゲーム株概況(11/18)】日本一ソフトやカヤックなどが買われる 任天堂は朝安も一巡後に値を戻す エクストリームは1200円台割れ

11月18日の東京株式市場では、日経平均は3日ぶりに反落し、前日比286.48円安の2万5,728.14円で取引を終えた。バブル後の高値を更新し、2万6000円台まで乗せたことで、目先の過熱感の高まりから売り物が先行した。さらに後場場中に東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数が493人と最多を更新したことが伝わり、大引けにかけて下げ幅を拡大した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、アクセルマーク<3624>や日本一ソフトウェア<3851>、カヤック<3904>などが買われた。カヤックは、直近でエース証券が投資判断を「中立」から「強気」に格上げしていることもポジティブに受け止められているようだ。

また、マーベラス<7844>が反発し、カプコン<9697>も3日ぶりに反発した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティングを「ニュートラル」から「アンダーウエート」に引き下げた任天堂<7974>は朝方売りが先行したものの、一巡後は値を戻した。

半面、グリー<3632>やDeNA<2432>、コロプラ<3668>など主力株はさえない動きが目立った。

エクストリーム<6033>は、第2四半期決算のコロナ禍での苦戦が引き続き嫌気されて、1200円台割れまで大幅続落した。


■関連銘柄
株式会社カヤック
http://www.kayac.com/

会社情報

会社名
株式会社カヤック
設立
2005年1月
代表者
代表取締役CEO 柳澤 大輔/代表取締役CTO 貝畑 政徳/代表取締役CBO 久場 智喜
決算期
12月
直近業績
売上高87億4900万円、営業利益7億4400万円、経常利益7億4000万円、最終利益5億500万円(2020年12月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3904
企業データを見る
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆7589億円、営業利益6406億円、経常利益6789億円、最終利益4803億円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7974
企業データを見る