【株式】カヤックが大幅続伸 20年12月期の営業益を5億円→7億円に大幅増額

12月18日の東京株式市場では、カヤック<3904>が大幅続伸。12月17日の引け後、2020年12月期の連結業績予想を上方修正したことが好感されたようだ。一時は113円高の936円まで買われた。

同社は17日、2020年12月通期の連結業績予想を上方修正し、売上高87億円(前回予想77億円)、営業利益7億円(同5億円)とした。ハイパーカジュアルゲームが好調を維持していることに加え、育成領域であるゲームコミュニティと、ちいき資本主義関連サービスが着実に成長したため、としている。


【関連記事】
カヤック、20年12月期の営業益を5億円→7億円に大幅上方修正…ハイパーカジュアルゲーム好調、ゲーム運営体制スリム化や資産売却も寄与
株式会社カヤック
http://www.kayac.com/

会社情報

会社名
株式会社カヤック
設立
2005年1月
代表者
代表取締役CEO 柳澤 大輔/代表取締役CTO 貝畑 政徳/代表取締役CBO 久場 智喜
決算期
12月
直近業績
売上高125億6600万円、営業利益11億4300万円、経常利益12億6600万円、最終利益8億2900万円(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3904
企業データを見る