アマゾン ウェブ サービス ジャパン、任天堂の「Nintendo Switch Online」にAWSが採用

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、12月25日、任天堂の「Nintendo Switch Online」に同社のAWSが採用になったと発表した。

AWSを採用することで、任天堂のサービスはゲームプレイの需要拡大に応じて容易にスケールできるようになり、増加するサービス規模に対して柔軟な対応が可能になっている。

AWSは2011年から任天堂に採用、ニンテンドー3DSやWii Uのオンライン機能においても活用があった。Nintendo Switchにおいても、プッシュ通知をはじめ、ゲームをダウンロードできるニンテンドーeショップなど様々な機能にてAWSを利用している。

今回これらの実績が考慮され、AWSは、世界で2,600万を超える(2020年9月16日発表)会員が利用する「Nintendo Switch Online」への採用があったようだ。

任天堂は、クラウド向けに構築されたMySQLに対応したリレーショナルデータベース「Amazon Aurora」とコンピューティングエンジン「AWS Fargate」を利用しており、フルマネージド型のコンテナオーケストレーションサービス「Amazon Elastic Container Service(ECS)」でサーバーレスコンピューティングを実現している。

また、オンラインプレイに対応したタイトルのヒットを契機として飛躍的に伸びた会員数にも対応が可能となった。

 
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆7589億円、営業利益6406億円、経常利益6789億円、最終利益4803億円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7974
企業データを見る