DeNA、第3四半期のゲーム事業は収益の”谷間”も前年同期比で増収増益 海外で展開中の『スラムダンク』が貢献



ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、この日(2月9日)、第3四半期(20年10-12月)の連結決算を発表し、ゲーム事業の業績について、売上収益が前年同期比で32%増の341億円、営業利益が同75%増の35億円だったことを明らかにした。既存タイトルでは、夏イベントと第4四半期に迎える需要の谷間となるため、前四半期比ではマイナスとなったものの、前年同期比では増収増益となった。

コイン消費の内訳を見ると、国内ブラウザと国内アプリの売上がそれぞれ24.6%減、11.9%減と前年同期比で低下する一方、海外のアプリ経由のコイン消費については23.4%増の137億円と伸びた。東映アニメーション<4816>が決算発表でも紹介していたように、簡体字圏や韓国、繁体字圏などで展開する『スラムダンク』が収益面で大いに寄与したようだ。
 


なお、今後のリリース予定タイトルは以下のとおり。
 
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1369億7100万円、営業利益224億9500万円、税引前利益312億5900万円、最終利益256億3000万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
2432
企業データを見る