東映アニメ、「スラムダンク」の9月中間期の版権売上高は31%増の10.5億円 スマホゲームが収益貢献、四半期別では低下傾向に

東映アニメーション<4816>は、海外版権事業で『スラムダンク』の9月中間期における売上高が前年同期比で31.2%増の10億5400万円だったことを明らかにした。ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>が海外で配信を行っているスマホゲーム『スラムダンク』の収益が寄与した。同社の版権売上ランキングで3位となっている。

ただし、四半期ベースの売上を集計したグラフは以下のとおり。2020年10-12月をピークとして低下傾向にあることがわかる。

なお、1位となった「ドラゴンボール」については、同41.7%増の52億2800万円だった。これについては、海外でのゲーム化権販売が好調だった、としている。

東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高515億9500万円、営業利益155億300万円、経常利益160億4000万円、最終利益110億6700万円(2021年3月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4816
企業データを見る