東映アニメ、第1四半期の「スラムダンク」海外版権売上高は倍増の6億0500万円…DeNAとゲームアプリを共同展開

東映アニメーション<4816>は、第1四半期(21年4~6月)の海外版権売上高で「スラムダンク」が前年同期比で倍増の6億0500万円だったことを明らかにした。同タイトルは、2021年3月期において23億1600万円の売上を記録したが、引き続き順調に推移しているようだ。

ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>と共同で展開している『スラムダンク』の売上が寄与したものと見られる。ゲームアプリは、DeNAの中国法人と東映アニメが共同で開発・運営を行っている。

ゲームアプリは、中国本土を皮切りに台湾・香港・マカオや韓国、東南アジア、南米・欧州でも展開しており、人気を集めている。新作映画が2022年秋に公開となる予定で、ゲームにもポジティブな影響を与えそうだ。

四半期別の売上高の推移は以下のとおり。

 

 

東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高515億9500万円、営業利益155億300万円、経常利益160億4000万円、最終利益110億6700万円(2021年3月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4816
企業データを見る