セガ、クライムストラテジー『Empire of Sin エンパイア・オブ・シン』を発売



セガは、『Empire of Sin エンパイア・オブ・シン』を2月25日より発売した。

本作はストラテジーゲームの雄、パラドックス社と、Romero Games(創設者John Romero・Brenda Romero)の強力タッグで送るクライムストラテジー。

1920年代、禁酒法により、悪が輝いた狂騒の時代のアメリカ・シカゴを舞台に、アル・カポネをはじめとする個性豊かな「14人のボス」から1人を選び、暗黒街の支配を目指す。

敵対する全ての組織を壊滅し暗黒街の頂点に立つために、密造酒やカジノの経営で裏社会の経済を牛耳り、警官を買収。殺し屋や闇医者など、有能な人材をスカウトしての抗争など、遊ぶたびに新しいゲーム体験を得ることができる。


『Empire of Sin エンパイア・オブ・シン』プロモーション映像
 


■「4人のギャング」「黄金銃3種」「新たな処刑シーン」を日本版の特典として収録
海外版Deluxe editionとして販売されていた以下の要素を収録している。

・4人の新ギャング
・3種の黄金銃「ゴールデン・ルイス機関銃」「ゴールデン・オート5ショットガン」「ゴールデン・ニューサービス・リボルバー」
・新たな処刑シーン


​【タイトル概要】
名称:Empire of Sin エンパイア・オブ・シン
対応機種:PlayStation4、Nintendo Switch
発売時期:発売中(2021年2月25日発売)
価格:5990円(税抜き)
ジャンル:クライムストラテジー
発売・販売:セガ
CERO表記:D区分(17歳以上対象)
版権元: Paradox Interactive
開発元:Romero Games
 

公式サイト




(C)2020Paradox Interactive.(C)SEGA. All rights reserved.
Developed by Romero Games.
株式会社セガ
https://www.sega.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社セガ
設立
1960年6月
代表者
代表取締役会長CEO 里見 治紀/代表取締役社長COO 杉野 行雄
決算期
3月
直近業績
売上高1342億8500万円、営業利益183億7200万円、経常利益225億1700万円、最終利益256億2000万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る