monoAI technology、バーチャル展示会「Withコロナ展示会inデジタル甲子園」にバーチャル空間プラットフォーム「XR CLOUD」を提供


monoAI technologyは、阪神コンテンツリンク、阪神電気鉄道、 阪急阪神ホールディングス<9042>の3社が3月10日、11日、12日に開催するバーチャル展示会「Withコロナ展示会inデジタル甲子園」にバーチャル空間プラットフォーム「XR CLOUD(エックスアールクラウド)」を提供することを発表した。

「Withコロナ展示会inデジタル甲子園」は、バーチャル空間で行う大規模バーチャル展示会イベントで、出展企業は約50社におよび「発熱を検知するカメラ」や「非接触のキャッシュレス決済システム」など、Withコロナをテーマとした商材を取り扱う企業・団体が出展する。

【イベント概要】
イベント名称:Withコロナ展示会inデジタル甲子園
主催:株式会社阪神コンテンツリンク、阪神電気鉄道株式会社、阪急阪神ホールディングス株式会社
協力:monoAI technology株式会社
イベント公式サイト:http://www.cnt-inc.co.jp/D-koshien/
日時:2021年3月10日(水)、11日(木)、12日(金)


▲デジタル甲子園イメージ画像。 ※本番環境とは異なる場合がある。


▲出展者と来場者はアバターを通してシームレスに会話が可能。

▼「XR CLOUD」について
monoAIがこれまで培った、業界最大規模の10万人が同時接続可能なバーチャル空間開発ソリューショション。2020年12月3日より、iOS、Android、windows、MacOS向けにアプリケーション対応し、マルチデバイス環境でバーチャルイベントを展開可能な「XR CLOUD App」を既にリリースしている。また、「XR CLOUD」を通じて、企業が独自のバーチャルイベントを簡単に提供可能にする仮想イベント制作運営受託サービスを提供開始してる。企業は、独自性の高いバーチャルイベントを発注から最短1週間で手軽に開催・運営が可能になる。