IMAGICA GROUP、子会社IMAGICA Lab.への貸付金34億円を放棄 事業再編に伴い財務体質を健全にするため 連結への影響はなし

IMAGICA GROUP<6879>は、この日(3月25日)、子会社IMAGICA Lab.への貸付金34億円を3月31日付で債権放棄すると発表した。個別決算では特別損失として計上するが、連結では相殺消去されるため、2021年3月期の業績に与える影響はないとのこと。4月1日付で実施するグループ企業の再編に伴い、財務体質を健全な状態で事業運営をさせるため、としている。

同社は、今年1月、グループ会社の再編と希望退職者の募集を行うと発表した。IMAGICA Lab.は、テレビ番組やテレビCMのポストプロダクションサービス事業を主力とする会社となり、その他の事業についてはコスモ・スペースやイマジカデジタルスケープなどに移管するという。


【関連記事】
IMAGICA GROUP、グループ事業再編と希望退職者を募集
IMAGICA GROUP、21年3月期は最終利益231%増の22億円と黒字で着地する見通し 米国子会社売却で譲渡益 希望退職には105名が応募
株式会社IMAGICA GROUP
https://www.imagicagroup.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社IMAGICA GROUP
設立
1935年2月
代表者
代表取締役会長 長瀬 文男/代表取締役社長 社長執行役員 布施 信夫
決算期
3月
上場区分
東証一部
証券コード
6879
企業データを見る