セガXD、CRM向けゲーミフィケーションSaaS「GameBox」を正式リリース 企業とのパートナーシップ制度も開始

セガ エックスディーは、CRM向けゲーミフィケーションSaaS「GameBox(ゲームボックス)」を正式にリリースした。また、リリースと同時に企業とのパートナーシップ制度を開始した。

同社は、「GameBox」のさらなる事業拡大と競争力強化を目的に、パートナーシップ制度を開始した。具体的には共同での新規顧客開拓と他マーケティング施策と連携した幅広い提案を可能にするための代理店パートナーと、「GameBox」のゲームエンジンを提案可能な状態で提供するゲームエンジンパートナーの2つの枠組みになる。

これにより、代理店パートナーと連携することで、既存のCRM施策や広告施策、DX施策等と連携したマーケティングソリューションの提供が可能になった。

さらに、ゲームエンジンパートナーとの連携により、ゲームタイトルのラインアップが3月2日のリリース時のタイトル数の200から310に拡大した。

なお、サービスリリース開始時の代理店パートナーは、電通アイソバー、電通デジタルの2社となっている。同社は、それぞれの企業と各社の強みやシナジーを生かして様々な連携を行っていく。

電通デジタルとは、デジタルマーケティングにおける「コンサルティング」「開発・実装」「運用・実行」の全領域をカバーする幅広いケイパビリティを活かして、「GameBox」を活用した統合的なマーケティング戦略・施策を提案していく。

一方、電通アイソバーとは、CXやブランド体験創出における「GameBox」活用を目指しつつ、 電通アイソバー保有のCRMツール「TONARIWA」とのシステム連携開発も今後検討していく。