【ゲーム株概況(4/13)】gumiが終値ベースで4ケタ大台を回復 2Q業績予想を上方修正のイー・ガーディアンが大幅反発 BOIは利益確定売りで反落

4月13日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比212.88円高の2万9751.61円で取引を終えた。中国の3月の貿易統計で輸入が市場予想を上回ったことから、中国経済の復調が進んでいると受け止められたことが市場心理の改善につながった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、引き続きNFT関連を循環物色する流れとなっており、その中でgumi<3903>が3日続伸し、終値ベースで4ケタ大台を回復した。

また、アピリッツ<4174>やKADOKAWA<9468>、ブロッコリー<2706>などが高く、大手ゲーム株では、バンダイナムコHD<7832>とスクウェア・エニックスHD<9684>が買われた。

周辺株では、前日4月12日に第2四半期連結業績予想の上方修正を発表したイー・ガーディアン<6050>が商いを伴って大幅反発した。

半面、前日の後場に急騰したバンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>は利益確定の売り物に押されて反落し、ガーラ<4777>やサイバーステップ<3810>などもさえない。

IGポート<3791>は、引き続き目先材料出尽くしとみた売り物に押される展開となった。


■関連銘柄
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
http://www.boi.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
設立
2006年1月
代表者
代表取締役社長 樋口 智裕
決算期
9月
直近業績
売上高30億6100万円、営業損益6000万円の赤字、経常損益7000万円の赤字、最終損益7400万円の赤字(2020年9月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
4393
企業データを見る
イー・ガーディアン株式会社
https://www.e-guardian.co.jp/

会社情報

会社名
イー・ガーディアン株式会社
設立
1998年5月
代表者
代表取締役社長 高谷 康久
決算期
9月
直近業績
売上高78億4500万円、営業利益13億3900万円、経常利益13億8000万円、最終利益9億8000万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
6050
企業データを見る