【人事】Thirdverse、Game Design Divisionマネージャーに元SIE鳥山晃之氏、Creative Design Divisionマネージャーに入江泰輔氏が就任



Thirdverseは、新たに Game Design Division マネージャー / プロデューサー として元ソニー・インタラクティブエンタテインメントの鳥山 晃之氏が、Creative Design Division マネージャー / アートディレクター として入江 泰輔氏が就任したことを発表した。今後は、Thirdverseが開発する完全新作VRタイトルの制作および、各部門統括責任者としてチームの基盤を強化することに注力する、としている。


鳥山 晃之(とりやま てるゆき)


学生時代からゲーム開発に従事し、大手ディベロッパーや大手パブリッシャーで、プランナーやディレクターとして数々のコンシューマ用ソフトウェアの企画・開発・制作を務めた後、ソニー・インタラクティブエンタテインメントに入社。入社後はJAPANスタジオに所属し、プロデューサーとして外部のディベロッパーや、内部のゲームクリエイターと連携を取りながら、PlayStation用ソフトウェアの企画・制作に従事。

代表作は、PS Vitaでは『SOUL SACRIFICE』『SOUL SACRIFICE DELTA』、PS4では『Bloodborne』『Bloodborne The Old Hunters』、PS VRでは『ASTRO BOT : RESCUE MISSION』『Déraciné』『V!勇者のくせになまいきだR』、PS5ではローンチタイトルの『Demon's Souls』。


入江 泰輔(いりえ だいすけ)


17歳よりエンジニアとしてIT関連事業立ち上げ、18歳でシリコンバレーに渡米。Academy of Art Universityで学位を取得後、現地のゲーム系スタートアップ企業にシニアデザイナーとして従事。日本に帰国後はグリー、サイバーエージェント、楽天でアートディレクター、開発ディレクター、新規事業推進などで現場経験を積み、その後マネージメント領域を中心に組織の立ち上げ、拡大に注力。2021年4月Thirdverse入社。