【ゲーム株概況(5/17)】1Q好決算が評価されたガンホーが買われる 任天堂は日経平均採用への思惑買い 2Q営業赤字のBOIはS安

5月17日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比259.64円安の2万7824.83円で取引を終えた。台湾やシンガポールなどでも新型コロナウイルスの感染再拡大が確認されるなど、国内外での感染拡大が市場の心理に影を落とした。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ギークス<7060>やマイネット<3928>が高く、ガンホー<3765>も商いを伴って続伸した。ガンホーは、前週末5月14日に発表した第1四半期決算が、売上高で前年同期比45.9%増、営業利益で同100.6%増となるなど、大幅な増収増益での着地となったことが素直に評価されているようだ。

また、大手ゲーム株では任天堂<7974>が買われた。任天堂は、日経平均銘柄入れ替えの採用候補として、市場の関心を集めているもよう。

ほか、前週末まで5日続落となっていたKLab<3656>は6日ぶりの反発となり、2021年3月期決算が営業黒字での着地となったガーラ<4777>も続伸した。

半面、前週末に買われていたカヤック<3904>が4日ぶりに反落し、ドリコム<3793>やネクソン<3659>、ブシロード<7803>などの下げもきつい。

バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>は、前週末14日に発表した第2四半期決算が2億4300万円の営業赤字計上となったことを嫌気され、ストップ安した。


■関連銘柄
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
http://www.gungho.co.jp/

会社情報

会社名
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
設立
1998年7月
代表者
代表取締役社長CEO 森下 一喜
決算期
12月
直近業績
売上高988億4400万円、営業利益301億5700万円、経常利益:302億200万円、最終利益163億6900万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3765
企業データを見る
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
http://www.boi.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
設立
2006年1月
代表者
樋口智裕
直近業績
売上高50億5200万円、営業利益5億2700万円、経常利益5億900万円、最終利益3億6300万円(2018年9月期)
上場区分
東証マザーズ
企業データを見る
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂 
決算期
3月
直近業績
売上高1兆3085億円、営業利益3523億円、経常利益3604億円、最終利益2586億円(2020年3月期)
上場区分
東証1部
証券コード
7974
企業データを見る