【資金調達】エイベックス、第三者割当による350万株の自己株式処分で約52億円調達 割当先のサイバーエージェントはエイベックスの筆頭株主に

エイベックス<7860>は、6月14日、サイバーエージェントを処分先とする第三者割当による350万株の自己株式の処分について、処分価額の総額52億800万円の払込手続きが完了したことを発表した。

これにより、サイバーエージェントは、エイベックスの議決権の12.27%を保有する筆頭株主となった。

なお、エイベックスは、調達した資金を「グローバルアーティストの発掘・獲得・育成・プロモーション費用」と「大型アニメーション・ゲームの開発・プロモーション費用」として充当する予定だ。
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る
エイベックス株式会社
https://avex.com/

会社情報

会社名
エイベックス株式会社
設立
1988年4月
代表者
代表取締役会長 松浦 勝人/代表取締役社長CEO 黒岩 克巳/代表取締役CFO 林 真司
直近業績
売上高815億2700万円、営業損益62億7800万円の赤字、経常損益65億3800万円の赤字、最終利益128億3100万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7860
企業データを見る