3DアニメスタジオのLOGIC&MAGIC、2021年3月期の決算は最終損失が2億6100万円

3DCGアニメーションスタジオのLOGIC&MAGICの2021年3月期(第2期)の決算は、最終損失が2億6100万円だった。前の期(2020年3月期)の決算は、最終損失が8700万円だった。6月15日付けの「官報」に掲載された「決算公告」で判明した。

同社は、元ドワンゴの太田豊紀氏が設立した3DCGアニメーションスタジオ。モーションキャプチャスタジオの運営や、アニメ制作/番組制作、ARライブの企画・制作・運営を行っている。