GAMEVIL COM2US Japan、『サマナーズウォー: Sky Arena』のインフォグラフィック公開!


 
GAMEVIL COM2US Japanは、『サマナーズウォー: Sky Arena』で、 グローバルサービス7周年を記念し、 これまでのサマナーズウォーの記録をまとめたインフォグラフィックを公開した。
 

『サマナーズウォー』は、 2014年6月のグローバルサービスの開始以降、 世界中の皆様から愛されてきました。 韓国のモバイルゲームとしては初めてひとつのゲームの売上で1兆ウォン(約1000億円)を達成したほか、 全世界規模のeスポーツ大会を開催するなど、 世界市場で記録を残してきたという。

サービス開始から一日平均約1億円以上の売上を記録しており、 世界90カ国のアプリストアでセールスランキング1位を達成。また、 世界のゲーマーの好みをおさえたゲーム性と、 各地のユーザーとのコミュニケーションで、 アジアだけでなく欧米市場でも強い人気を獲得している。

この7年間で全世界1億2,700万ダウンロードを記録し、 毎日平均100万人のユーザーがプレイする世界的なRPGとなった。

Com2uSでは、 このように全世界から愛される『サマナーズウォー』をより多くの人々がさまざまな形で楽しめるように、 世界観をさらに発展させていく予定とのこと。現在「サマナーズウォーユニバース」は、 ゲームにとどまらずアニメ・コミックスなどを通じて100年以上のゲーム内の歴史を紡いでいく。

実際、 2019年にSkybound Entertainmentと共同制作した短編アニメ「仲間とライバル」を皮切りに、 2021年4月には拡張された世界観をもとにしたコミックスシリーズ「サマナーズウォー:レガシー」が出版された。 そして、 リアルタイム戦略対戦ゲーム『サマナーズウォー:ロストセンチュリア』がリリースされ、 『サマナーズウォー』シリーズが持つ文化コンテンツとしての価値を確認した。

また、 MMORPG『サマナーズウォー:クロニクル』のほか、 様々なジャンルのWeb漫画も鋭意制作中だ。
 
■『サマナーズウォー: Sky Arena』

 


(C) 2014-2020 Com2us Corp.
GAMEVIL COM2US Japan

会社情報

会社名
GAMEVIL COM2US Japan
企業データを見る