イマジニア子会社のSoWhat、2021年3月期の決算は最終利益が21.7%減の9000万円…『すみすみ』と『メダロット S』の開発・運営を担当

イマジニア<4644>のゲーム開発子会社SoWhatの2021年3月期(第6期)の決算は、最終利益が21.7%減の9000万円だった。前の期(2020年3月期)の実績は、1億1500万円と大幅増益だった。本日(6月21日)付の「官報」に掲載した「決算公告」でわかった。

同社は、リラックマやすみっコぐらし、たれぱんだなど歴代のサンエックスキャラクターがデフォルメされて登場するパズルゲーム『すみすみ』の運営を行っているほか、「メダロット」シリーズ最新作『メダロット S』の開発・運営を担当している。

 
イマジニア株式会社
https://www.imagineer.co.jp/

会社情報

会社名
イマジニア株式会社
設立
1986年1月
代表者
代表取締役社長兼CEO 澄岡 和憲
決算期
3月
直近業績
売上高72億500万円、営業利益14億2300万円、経常利益15億2400万円、最終利益10億2100万円(2021年3月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4644
企業データを見る