イード、EC支援事業のNHN SAVAWAYを5000万円で買収 EC関連事業を強化へ

イード<6038>は、6月22日、NHN SAVAWAYを買収すると発表した。NHN JAPANより、全株式(1万9800株)を総額5000万円で取得する。別途アドバイザリー費用700万円が発生する。株式譲渡実行日に SAVAWAY の商号を「SAVAWAY株式会社」に商号変更する予定だ。

SAVAWAY は、トータル EC サポート会社として、2004年創業から EC 支援事業を推進してきた。開示された決算情報を見ると、2020年12月期は赤字幅が縮小したものの、3期連続で赤字となっている。

イードでは、グループでエンファクトリーが運営するECサイト「スタイルストア」、絵本ナビが展開する絵本や関連グッズのオンライン販売、ネットショップ総研によるECコンサルティング、ECシステムを提供する「marbleASP」など、EC領域の事業展開を行ってきた。

同社グループの既存の EC 関連アセットに SAVAWAY の EC サポート事業、主に複数のECショップを管理する「TEMPOSTAR」事業が加わることで、ECシステム、複数ECショップ管理、ECコンサルティング、ECサイト運営と、EC領域をより幅広くカバーでき、同社グループのメディア事業に並ぶ事業の柱として EC 関連事業を強化する、としている。