サイバーエージェント、AI事業本部が提供する「極予測AI人間」で老若男女さまざまなAI人物モデルが使い放題となるプランを提供開始


サイバーエージェント<4751>は、AI事業本部が提供する「極予測AI人間(キワミヨソクエーアイニンゲン)」において、老若男女さまざまなAI人物モデルが使い放題となる「極予測AI人間使い放題プラン」の提供を開始する。なお、「極予測AI人間」におけるAI人物モデルの配信実績は600人を突破した。

これまで、「極予測AI人間」を広告主企業に活用してもらう中で、AI人物モデル単体での利用だけでなく、大量のAI人物モデルを活用したクリエイティブ制作や、企業やブランドのターゲットに合わせて老若男女様々なAI人物モデルを使い分けたいという要望を多く受けていた。

このような背景のもと、「極予測AI人間」ではダイレクト広告における広告効果向上を目的とし、「極予測AI成功報酬プラン」を利用者を対象に、多種多様なAI人物モデルが何人でも無料で使い放題となる「極予測AI人間使い放題プラン」の提供を開始する。

■極予測AI人間使い放題プラン概要
「極予測AI人間使い放題プラン」では、老若男女さまざまな架空のAI人物モデルを無制限で利用可能。これにより、従来の人物モデル起用にかかっていた時間・金額のコスト削減を図れる一方で、広告クリエイティブ制作においては、効率的かつ幅広い表現ができるようになるため、より一層の広告効果向上が見込める。

さらに、大量のAI人物モデルに対し「極予測AI」が効果予測を行い選定をサポートすることで、様々な業界・広告主企業にマッチした広告効果の高いAI人物モデルを利用することができるようになった。

「極予測AI人間」におけるGANを活用したAIモデルの生成技術および「極予測AI」の効果予測ロジックは、当社のAI研究開発組織「AI Lab」とともに開発することで、その専門性をプロダクト開発に活かしている。

同社では、「極予測AI人間」をはじめとするAIを活用したプロダクト開発を通して、多様なクリエイティブ表現や効率的に最適な広告素材の制作が可能となるプランの提供を行い、さらなる広告効果改善の実現を目指している。今後も高い技術力をいかした新しいクリエイティブの価値提供を目指すとともに、広告主の広告効果最大化に尽力していくとしている。
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る