【ゲーム株概況(7/1)】BOIが終値ベースで4月28日以来の3000円台を回復 国内証券が目標株価引き上げの東映アニメは連日の高値更新

7月1日の東京株式市場では、日経平均は4日続落し、前日比84.49円安の2万8707.04円で取引を終えた。前日の米株式市場でハイテク株が売られた流れを受けて、国内市場も半導体関連株などを中心に売り物が広がった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、『ミトラスフィア-MITRASPHERE-』の英語版『Mitrasphere』が前日6月30日より配信開始となったバンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>が終値ベースで4月28日以来となる3000円台を回復したほか、日本ファルコム<3723>やenish<3667>、テンダ<4198>などが買われた。

また、東映アニメ<4816>小幅ながら連日の年初来高値更新と強さを見せた。東映アニメは、東海東京証券が投資判断「ニュートラル」を維持しながらも目標株価を1万900円から1万3000円に引き上げたことが市場からポジティブに受け止められているもよう。

半面、コーエーテクモHD<3635>が反落し、カプコン<9697>やスクウェア・エニックスHD<9684>、コナミHD<9766>が売られるなど、大手ゲーム株が総じてさえない。

ガンホー<3765>やDeNA<2432>など主力株の一角も安く、アカツキ<3932>やマイネット<3928>、東京通信<7359>などが年初来安値を更新した。


■関連銘柄
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
http://www.boi.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
設立
2006年1月
代表者
代表取締役社長 樋口 智裕
決算期
9月
直近業績
売上高21億2900万円、営業損益8億700万円の赤字、経常損益8億100万円の赤字、最終損益5億4100万円の赤字(2021年9月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
4393
企業データを見る
東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高570億2000万円、営業利益181億0700万円、経常利益188億2200万円、最終利益128億2000万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4816
企業データを見る