イー・ガーディアン、セキュリティ関連事業の子会社を再編 EGセキュアソリューションズがグレスアベイルとジェイピー・セキュアを10月に吸収合併

イー・ガーディアン<6050>は、7月12日、連結子会社のEGセキュアソリューションズが、同じ連結子会社のグレスアベイルとジェイピー・セキュアを10月1日付で吸収合併することを発表した。

吸収合併の対象となるグレスアベイルはクラウド型セキュリティ製品開発および販売業務を、ジェイピー・セキュアはソフトウェア型セキュリティ製品開発および販売業務を手掛けている。両社を脆弱性診断およびサイバーセキュリティに関わるコンサルティング業務を手掛けるEGセキュアソリューションズと合併することで、サイバーセキュリティ事業の強化および経営のスピードアップを図る、としている。

なお、合併はEGセキュアソリューションズを存続会社とする吸収合併方式とし、グレスアベイルとジェイピー・セキュアは解散する。

また、この合併は、イー・ガーディアンの完全子会社間の吸収合併であり、その連結業績に与える影響は軽微としている。

イー・ガーディアン株式会社
https://www.e-guardian.co.jp/

会社情報

会社名
イー・ガーディアン株式会社
設立
1998年5月
代表者
代表取締役社長 高谷 康久
決算期
9月
直近業績
売上高78億4500万円、営業利益13億3900万円、経常利益13億8000万円、最終利益9億8000万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
6050
企業データを見る