【ゲーム株概況(7/13)】グループ初のNFTコンテンツを販売開始のgumiが大幅続伸 ワクチンパスポート関連の思惑でアクロディアが急騰

7月13日の東京株式市場では、日経平均は続伸し、前日比149.22円高の2万8718.24円で取引を終えた。米国市場の上昇を受けて、朝方から買いが先行した。ただ、買い一巡後は今月後半に控える4~6月決算発表なども意識され、伸び悩む展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、gumi<3903>が上げ幅を拡大して3日続伸し、800円台を回復した。gumiは、前日7月12日にdoublejump.tokyoと共同でグループ初となるNFTコンテンツの販売を開始すると発表したことが株価の刺激材料となっているようだ。

また、KLab<3656>やアカツキ<3932>、アエリア<3932>なども買われた。周辺株では、COVID-19対策アプリ「抗体パスポート」を提供しているアクロディア<3823>が、ワクチンパスポートへの思惑などから急騰した。

半面、テンダ<4198>は利益確定の売り物に押されて反落し、ブロッコリー<2706>は続落した。

このところ、出資先の米トリラーの上場観測を材料に動意づいていたDLE<3686>の下げもきつい。


■関連銘柄
株式会社gumi
http://gu3.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社gumi
設立
2007年6月
代表者
川本 寛之
決算期
4月
直近業績
・売上高:186億2800万円(前の期比6.0%減)
・営業利益:15億1400万円(同32.0%減)
・経常利益:60億7100万円(同185.7%増)
・最終利益:18億3500万円(同4.4%増)
上場区分
東証1部
証券コード
3903
企業データを見る
株式会社アクロディア
http://www.acrodea.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社アクロディア
設立
2004年7月
代表者
堤 純也
決算期
8月
直近業績
売上高43億1200万円、営業損益8000万円の赤字、経常損益1億8900万円の赤字、当期純損益8300万円の赤字(2013年8月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3823
企業データを見る