ソネット、第2四半期はISP事業好調で23%経常増益 オンラインゲームは低調

 ソネットエンタテインメント<3789>の第2四半期累計(4-9月期)の連結業績は、売上高435億1200万円(前年同期比23.9%増)、経常利益37億5400万円(同23.6%増)、四半期純利益14億3600万円(同15.1%増)となりました。   同社では、FTTHを中心とする接続サービスの課金収入の増加や、USENから買収したISP事業が寄与したことに加え、連結子会社エムスリーの売り上げが伸びたことが増収増益の要因になった、としています。ただ、ゲームポット社を中心とするオンラインゲーム事業の業績は、システムトラブルや一部既存タイトルの不振等の影響で低調に推移した、とのこと。  3月通期は、売上高900億円(前期比19.0%増)、経常利益68億円(同9.1%増)、当期純利益35億円(同9.7%増)を見込んでいます。
ソネット株式会社
http://www.so-net.ne.jp/

会社情報

会社名
ソネット株式会社
設立
1995年11月
代表者
石井隆一
決算期
3月
直近業績
売上高933億円、営業利益100億円、経常利益105億円、当期純利益40億円(2012年3月期)
上場区分
上場廃止(東証一部)
証券コード
3789
企業データを見る