【ゲーム株概況(7/29)】1Q好決算の東映アニメ終値ベースで1万5000円台乗せ サイバーエージェントは目先の材料出尽くしに

  • 7月29日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比200.76円高の2万7782.42円で取引を終えた。前日の米国市場でハイテク株が買われたことに加え、前日に日産自動車<7201>が2022年3月期予想を従来の最終赤字から黒字に上方修正こともあり、主力ハイテク株や輸出関連株などを中心に買いが広がった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、オルトプラス<3672>やギークス<7060>、マイネット<3928>などが買われた。ギークスは、子会社G2 Studiosが開発・運営を担当する『僕のヒーローアカデミア ULTRA IMPACT』(配信はバンダイナムコエンターテインメント)がApp Store売上ランキング(ゲームカテゴリー)で5位となるなど好調な推移を見せていることが株価の刺激材料となっているようだ。

    また、前日7月28日に発表した第1四半期決算が、第1四半期として史上3番目の売上高、営業利益、経常利益となるなど好調だった東映アニメ<4816>も大幅反発し、終値ベースで1万5000円の大台乗せを示現した。

    半面、同じく前日7月28日第3四半期の好決算を発表したサイバーエージェント<4751>は、その好調ぶりへの期待が事前に高かったこともあり、ひとまず材料出尽くしとみた売り物に押された。

    ほか、HEROZ<4382>やenish<3667>、アピリッツ<4174>などがさえない。

■関連銘柄

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る
東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高515億9500万円、営業利益155億300万円、経常利益160億4000万円、最終利益110億6700万円(2021年3月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4816
企業データを見る
ギークス株式会社
http://geechs.com/

会社情報

会社名
ギークス株式会社
設立
2007年8月
代表者
代表取締役CEO 曽根原 稔人
決算期
3月
直近業績
売上高34億2700万円、営業利益7億3800万円、経常利益7億1300万円、最終利益4億5700万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7060
企業データを見る