CyberZ、『荒野行動』とパートナーシップを締結 プロeスポーツチームへのトータルな支援を提供

 

 

CyberZは、この日(8月8日)、全世界2.5億人のユーザーを誇るバトルロイヤルゲーム『荒野行動』とパートナーシップを締結した。今回の締結に伴い、荒野行動初のプロeスポーツチームの生活基盤やプレイ環境を整える、トータルプレイングサポートとして、「荒野プロチームシステム」をリリースした。また、本リリースにあたり『荒野行動』初の公式プロチームを4チーム発表した。

今回リリースする「荒野プロチームシステム」は、各チームとプロチーム契約を結び、『荒野行動』をプレーするeスポーツ選手の待遇改善、地位向上を目的としたサポートシステム。今後個人ではなく、チーム単位での活動が見込まれるため、各プロチームに対してトータルプレイングサポートを行う。運営資金の利用サポートや広報及びPRのアドバイスなど、プロチームとして活躍しやすい環境づくりを目指していく。

また、「荒野プロチームシステム」リリースにあたり、『荒野行動』初の公式プロチームを発表した。今回プロチームとして認定した4チームは「αD Aves」、「Sengoku Gaming」、「Flora」、「XeNo」になる。プロチーム契約を行ったチームは月間最高250万円、年間最高2500万円の運営資金を手にすることができる。運営資金は選手の給料、チームの運営、宣伝などプロチーム契約の条件内で使用することができる。契約した4チームは2021年8月8日に行われる、「荒野ELITE LEAGUE」レジェンド戦 WEEK1に参戦する。

『荒野行動』は、NetEase Gamesが開発、運営するiOS、Android、Windows、Nintendo Switch、PlayStation4用のバトルロイヤルゲーム。全世界で2.5億ユーザーを突破しており、約100人のプレイヤーが無人島に降り立ち、最後の1人になるまで戦闘を繰り広げる。同社では、パートナーシップを結び、『荒野行動』が日本eスポーツ業界における旗手となり、業界全体を共に盛り上げ、誰もが楽しめる魅力的なコンテンツ作りに尽力する、としている。

株式会社CyberZ
https://cyber-z.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社CyberZ
設立
2009年4月
代表者
山内 隆裕
決算期
9月
上場区分
未上場
企業データを見る