アクセルグループのax、21年3月期の決算は最終損失3500万円と赤字幅縮小 aimRageとVIPPOOLも判明

アクセル<6730>グループのax(エーエックス)の2021年3月期(第2期)の決算は、最終損失が3500万円と赤字幅が縮小した。前の期(2020年3月期)の実績は、最終損失5100万円だった。8月31日付の「官報」に掲載された「決算公告」で判明した。

同社は、AI・機械学習及びミドルウェア領域の事業を推進するグループ企業として2019年5月に設立された。昨年10月、モーションポートレートを吸収合併している。

・AIに関するコンサルティング(AI アプリの開発等)
・AIに関するフレームワークの開発、販売
・ミドルウェア(AXIP)の販売

 

同じアクセルグループでメモリの企画・開発・製造・販売、メモリの書き込み、リユース業務を行うaimRage、暗号通貨のマイニングやブロックチェーン関連のハードウェアなどを手掛けるVIPPOOLの決算も判明した。

 

株式会社アクセル
https://www.axell.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社アクセル
設立
1996年2月
代表者
代表取締役社長 松浦 一教/代表取締役副社長 斉藤 昭宏
決算期
3月
上場区分
東証一部
証券コード
6730
企業データを見る
ax(エーエックス)

会社情報

会社名
ax(エーエックス)
上場区分
kimura
企業データを見る