【連載】世界のモバイルゲームマーケティング指標を網羅したレポート「Mobile Game Benchmark Report」とは(提供:Facebook Gaming)

広告


本稿はFacebook Gaming の提供による記事なります

Facebook GamingとAppsFlyerは、8月4日、「Mobile Game Benchmark Report」を共同で発表しました。新規ゲーマーが増加するなかで、プライバシーにまつわる変化に対応しながら競争力を維持しようとするゲームマーケターの助けとなることを目的としています。興味深いデータ、主な調査結果、2021年以後を見据えたアドバイスが掲載されています。

2020年のモバイルゲーム市場では、新しいプレイヤーが増えました。初めての人やしばらく遊んでいなかった人が、楽しんだり他者とつながったりする手段としてゲームに目を向けたからです。パズルゲームのようなカジュアルなジャンルに多くの新しいプレイヤーが増えたと同時に、競争の激化、新たなプライバシー規制、購入コストの世界的な上昇といった課題も発生しました。

こうしたゲーム業界の新しい状況をより明確に把握する参考となるよう、Facebook Gamingはアトリビューション分析の世界的なリーダーであるAppsFlyerと協力して、「Mobile Game Benchmark Report」を発表しました。これは、世界におけるモバイルゲームのマーケティング指標のベンチマークを、国や地域、プラットフォーム、ゲームのカテゴリーごとに細かく集計したものです。

レポートで紹介する多次元データは、9,000のアプリの96億回のインストールを対象とした匿名の要約データサンプルを基にしています。データには、インストール、リテンション、収益、マーケティング投資、コスト、購入を行った有料ユーザーの割合が含まれ、テキストのオリジナルのデータをダウンロードできます。世界市場で起きている変化を分析するのに役立つ、包括的なトレンドマップも利用できます。


iOSとAndroidへの影響の比較

このレポートでは、iOSの有料ユーザーがモバイルゲーム市場に占める割合は2020年に130%上昇し、Androidの有料ユーザーの割合よりも50%高かったことが示されています。現在は先進国の多くでiOSが主流であることが、消費者の購入割合が高い原因となっています。

しかし、マーケティング戦略の激化やユーザーのプライバシーポリシーの厳格化に伴い、iOSゲームのインストール単価(CPI)は20%上昇しました。一方、Androidのインストール単価について、基本的に変化はありませんでした。

このようなインストール単価の変化により、異なる地域の市場におけるインストール数にも変動が生じました。米国や英国などの先進国市場におけるゲームのインストール数は第2四半期にピークを迎えましたが、インドやブラジルなどの発展途上国では第3四半期に最も高くなりました。

このうち、インドにおけるインストール数のオーガニックな増加は、第1四半期から第3四半期の間で120%に達しました。非オーガニックも合わせたインストール数も1年で25%増加し、世界全体のインストール数の12%を占めるまでになりました。




世界全体において、モバイルゲームのアプリ内購入による収益は第2四半期に増加。第1四半期から第2四半期の間に、Androidで32%、iOSで16%上昇しました。しかし、時間の経過とともにAndroidアプリの収益がほぼ変わらなかったのに対し、iOSアプリの収益は最終的に8%下落しました。

インドとブラジルでは先進国に比べて、有料ユーザーの割合こそ低いものの、人口が非常に多いなかでプレイヤー数が増加したことで、2020年にゲームの合計収益が急上昇しました。成長率はインドで3倍、ブラジルで1.25倍でした。

このレポートの活用方法

Mobile Game Benchmark Report では、新しい課題への対策を整えるための戦略を提案し、十分な情報に基づいてマーケティング方針を決定するための主要な調査結果とデータサンプルを提供します。

新興市場を探す: ゲームのコスト上昇に直面した今、Androidが主流の地域に的を絞ることで、これまでの主要市場とは異なる市場に進出できる可能性があります。このレポートには、インド、パキスタン、中東、ラテンアメリカなどの新興市場地域をはじめとする、貴社が成功できる可能性がある主な海外市場について、詳細な情報を掲載しています。

ユーザーのエンゲージメントを高める: モバイルゲームの需要が急増したにもかかわらず、ユーザーのスティッキーネスにはそれほど変化はみられません。レポートでは、エンゲージメントを高めたりプレイヤーの減少を防いだり効果測定を導入したりして、価値の高いユーザーにサービスを提供するうえで最適なチャネル、キャンペーン、広告素材、市場を特定する方法について解説します。

リマーケティングを強化する: 新型コロナウイルス感染症を受けた需要の増加に伴い、多くの地域とジャンルにおいてCPIが上昇しました。メディアコストの上昇に対応しつつプレイヤーのスティッキーネスと収益を増加させるうえで、オウンドメディアを通じたリマーケティングが効果的なマーケティングツールになることを説明します。

プライバシーが最優先の時代に、マーケターはさまざまな新しい課題に直面しています。ユーザーのプライバシーを守りつつ、有意義な効果測定を行い、広告の配信を最適化し、ユーザーがより快適と感じる広告を提供しなければなりません。この Mobile Game Benchmark Report でマーケティングと効果測定に関するガイドを得て、業界の最新の動きを把握しましょう。

なお、FacebookとAppsFlyerは本レポートを元に9/16(木)に共同セミナーを開催予定です。本セミナーにおいてはグローバル市場における売上機会の最大化、またマーケットトレンドに合わせたクリエイティブやコミュニティを活用することの重要性をFacebookの最新事例とベストプラクティスと共に、またAppsFlyerからは最新のFacebookとの連携や成功をリードする正確な計測とソリューションをご紹介します。

Facebook/AppsFlyer共催セミナー詳細は以下のリンクよりご覧ください。


 

ゲームアプリが海外進出で成功するための秘訣と最新トレンド




■FaceBook Gaming 連載 バックナンバー

Vol.1 米英はハイパーカジュアルが活況…世界のゲームトレンドを読み解く「4大ゲームジャンル最新レポート」より

Vol.2 日本のストラテジーゲームユーザーはユーモアのある広告が好き?…「4大ゲームジャンル 最新レポート」より

Vol.3 RPGユーザーはキャラクターや世界観に没入できるプロモーションを好む…「4大ゲームジャンル 最新レポート」​より

Vol.4 ローンチに気を付けるべき点はなにか?…ゲーム開発のアイデア段階からリリースまでをチェックできる「ゲームローンチ戦略ガイド」

Vol.5 アプリ広告の費用対効果を向上させる「A A A・自動アプリ広告」の今とは

Vol.6 コロナ禍で世界のゲームユーザーはどのように変わったか?…「2021年最新ゲーム市場レポート」より

Facebook

会社情報

会社名
Facebook
企業データを見る