Facebook、スマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表

Facebookは、9月9日(米国時間)、友人や家族、自分の周囲の世界と常につながりながら、写真や動画の撮影、音楽の視聴、通話といったアクションを全く新しい方法で行うことができるスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表した。Ray-Ban Storiesは、Facebook社とEssilorLuxotticaとのパートナーシップによって開発され、20種類のバリエーションで展開する。価格は299米ドルからで、オンラインのほか、米国、オーストラリア、カナダ、アイルランド、イタリア、英国の一部の小売店で購入できる。

Ray-Ban Storiesに内蔵した5メガピクセルのデュアルカメラは、ユニークな一人称視点で人生の瞬間を捉える。自分が見たままの世界を簡単に記録することができ、写真や最大30秒の動画をキャプチャボタンを使って撮影したり、Facebookアシスタントの音声コマンドを使ってハンズフリーで撮影することができる。ハードワイヤードのキャプチャーLEDが点灯することで、写真や動画の撮影中であることを周囲の人に知らせることができる。

また、流線型のオープンイヤースピーカーを内蔵し、3つのマイクロフォンオーディオアレイによって、通話や動画でも豊かな音声の伝達を実現している。さらに、ビームフォーミング技術とバックグラウンドノイズ抑制アルゴリズムにより、専用ヘッドフォンのような優れた通話体験を提供する。

Ray-Ban Storiesは新しいFacebook Viewアプリと連携しているので、自身のストーリーや思い出を友人やソーシャルメディアのフォロワーとシームレスに共有することができる。Facebook ViewアプリはiOSおよびAndroidに対応しており、Ray-Ban Storiesで撮影したコンテンツをスマートフォン上のFacebookやInstagram、WhatsApp、Messengerをはじめ、Twitter、TikTok、Snapchatなどのアプリに簡単に取り込み、編集・共有することができる。

 

また、コンテンツをスマートフォンのカメラロールに保存し、そこから編集して共有することもできる。さらに、Facebook Viewアプリに搭載した独自の投稿キャプチャ機能により、ユニークなコンテンツを作成して、投稿に自分らしい特別な工夫を加えることができる。

Ray-Ban Storiesは、あらかじめプライバシーに配慮して設計されており、Ray-Ban Storiesの所有者だけでなく、周囲の人々にもコントロールと安心感を提供するための多くの機能が組み込まれている。新しいガイドラインの詳細はRay-Ban Storiesプライバシー・マイクロサイト(英文のみ)で確認できる。

Ray-Ban Storiesは、Ray-Banの定番モデルであるWayfarer(ウェイファーラー)、Wayfarer Large(ウェイファーラー・ラージ)、Round(ラウンド)、Meteor(メテオール)の20種類のモデルバリエーションと5色のカラーバリエーションに加え、レンズもクリア、サン、トランジション、度付きなどに変更可能なので、自分に合ったスタイルを選ぶことができる。

Meta

会社情報

会社名
Meta
企業データを見る