任天堂とCygames、『ドラガリアロスト』で「ドラガリアフェス エクストラ」を開始 ★5キャラ「グレース(《結社》Ver.)」と「ファルギルト」が新登場

任天堂<7974>とCygamesは、本日(9月13日)15時より、『ドラガリアロスト』において、「ドラガリアフェス エクストラ」を開始した。

今回の「ドラガリアフェス エクストラ」では、★5キャラ「グレース(《結社》Ver.)」と「ファルギルト」が新登場し、ピックアップ対象となっている。「グレース(《結社》Ver.)」と「ファルギルト」は次回のレジェンド召喚からも登場する。

なお、「ドラガリアフェス エクストラ」では、★5のキャラやドラゴンの提供割合の初期値が通常時の4%から6%にアップする。

▼開催期間
9月13日15:00~9月17日14:59

【ピックアップ紹介】
・★5キャラ「グレース(《結社》Ver.)」

謎の悪の組織《結社》の衣装に袖を通したグレース。その姿は研究員として敵の懐に入るための装い。亡き夫と共に犯した罪を償うべく、形見の剣を携えて《結社》の野望を阻止するために活動する。

・★5キャラ「ファルギルト」

世界の裏で暗躍する謎の組織《結社》に、ドラゴンと合体する力を与えられた少年。明るく前向きな性格で、極度のお人よし。自分のような被害者を二度と出さないため、《結社》との戦いに身を投じる。

・★5キャラ「マスキュラ(ドラフェスVer.)」

一度失ったボディを取り戻したマスキュラ。修繕したボディをラキシ内部にある思考回路「心」から遠隔で操作している。自分だけの力で戦う決意をした彼だが、戦闘後には涙のようなものを流す姿をよく見かける。

・★5ドラゴン「トール(ドラフェスVer.)」

ヴァルクスの契約竜。雷を司り、自らを雷帝と称する。稲妻ひとつで、戦地の全てを焼き払う強さを持ち、その強さは世界各地で語り継がれている。トールの武人としての考えは、契約主にも影響を与えている。

『ドラガリアロスト』

 

公式サイト

公式Twitter

App Store

Google Play



© Nintendo/Cygames

任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆7589億円、営業利益6406億円、経常利益6789億円、最終利益4803億円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7974
企業データを見る