【TGS2021】シブサワ・コウ氏、「日本ゲーム大賞 2021 経済産業大臣賞」を受賞 歴史SLGを確立、40年にわたってトップクリエイターとして業界をけん引

 

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、「日本ゲーム大賞 2021(Japan Game Awards 2021)」で、「日本ゲーム大賞 2021 経済産業大臣賞」に『シブサワ・コウ』氏を選出したと発表した。

【受賞理由】
コンピュータエンターテインメント黎明期より、数多くの作品の開発に携わり産業界を牽引した。また、代表作「信長の野望」「三國志」シリーズでは歴史シミュレーションという一大ゲームジャンルを開拓、確立するなど、40 年という長きにわたりトップクリエイターとして、日本のコンピュータエンターテインメント業界の発展に大きく寄与されていることを称える。

 

 ▲コーエーテクモゲームスのブースに描かれていたシブサワ・コウ氏。

株式会社コーエーテクモゲームス
https://www.gamecity.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社コーエーテクモゲームス
設立
1978年7月
代表者
代表取締役会長(CEO) 襟川 陽一/代表取締役社長(COO) 鯉沼 久史
決算期
3月
直近業績
売上高524億4300万円、経常利益363億8300万円、最終利益275億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る