DeNA、大阪府箕面市と健康寿命の延伸のためのヘルスケアと自治体DX推進で包括連携協定を締結

ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、本日(10月7日)、大阪府箕面市と健康寿命の延伸のためのヘルスケアと、自治体デジタル・トランスフォーメーションの分野において相互に連携し、地域の一層の活性化および市民サービスの向上を図るため包括連携協定を締結した。

▼本協定の名称
「箕面市と株式会社ディー・エヌ・エーとの包括連携協定」

▼締結日
2021年10月7日

▼本協定の目的
相互に緊密な連携を図ることにより、双方の資源を有効に活用した協働による活動を推進し、地域の一層の活性化及び市民サービスの向上を図ることを目的とする。

▼本協定の内容
・健康寿命の延伸のためのヘルスケア事業の推進に関わること
・自治体デジタル・トランスフォーメーションの推進に関わること

▼箕面市について
箕面市は、大阪の北部に位置する住宅都市。大阪都心部から30分と近接していながら、市内には豊かなみどりに囲まれた国定公園があり、「みどり豊かで住み続けたい、子育て・教育日本一のまちづくり」をめざし、さまざまな施策で子育て世帯のかたを中心に、住み良い環境を整えている。

2023年度には北大阪急行線が延び、市の中央部に新駅が2つもオープンする。新設する駅周辺には、産学連携で設立・運営する「関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)」や新病院が移転予定であり、同エリアを「健康医療の一大拠点」として、年を重ねても誰もがいきいきと元気に過ごせる健康寿命の延伸に取り組んでいる。

また、日本社会全体のデジタル化推進のため、国のデジタル庁の動向を見据えながら、AIやRPAなどのICT技術の積極的な活用により、業務の効率化や市民サービスの向上をめざしていく。1956年市政施行。市の木は「イロハモミジ」、花は「ササユリ」。

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1369億7100万円、営業利益224億9500万円、税引前利益312億5900万円、最終利益256億3000万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
2432
企業データを見る