【ゲーム株概況(10/11)】ネクソンが1800円台を回復…ビットコイン上昇による恩恵期待で 台湾TSMCとの半導体新工場建設報道でソニーグループも3日続伸

  • 10月11日の東京株式市場では、日経平均は週末を挟んで3日続伸し、前日比449.26円高の2万8498.20円で取引を終えた。中国の電力不足が解消し、その景気下ブレリスクも後退したとの観測や、金融所得課税の引き上げがひとまず先送りになったとの見方から朝方より買いが先行した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ネクソン<3659>が3日続伸し、一気に1800円台を回復した。ネクソンは、ビットコイン価格の上昇で恩恵を受ける銘柄として引き続き期待を集めているようだ。

    また、ブシロード<7803>やボルテージ<3689>、gumi<3903>なども買われ、ソニーグループ<6758>も3日続伸した。ソニーグループは、半導体の受託生産で世界最大手の台湾TSMCと半導体の新工場を建設すると報じられたことが市場の関心をあつめたもよう。

    ほか、コーエーテクモHD<3635>やカプコン<9697>など大手ゲーム株も総じて買われた。

    半面、KADOKAWA<9468>やトーセ<4728>、カヤック<3904>などがさえない。

株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2930億円、営業利益1114億円、最終利益562億円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3659
企業データを見る
ソニーグループ

会社情報

会社名
ソニーグループ
企業データを見る