【ゲーム株概況(10/12)】『DCデュアルフォース』の制作発表でユークスが急動意 グリーは連日商いを伴って6日続伸

  • 10月12日の東京株式市場では、日経平均は4日ぶりに反落し、前日比267.59円安の2万8230.61円で取引を終えた。米国の原油先物市場が約7年ぶりの高値更新となったことが市場の重しとなり、朝方から売り物が先行した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ユークス<4334>が一時505円まで買われるなど急動意を見せた。ユークスは、DCコミックスのキャラクターをベースにしたオンライン・トレーディングカードゲーム『DCデュアルフォース』を米クリプトゾイック エンターテイメントと共同で製作していることを発表したことが市場の評価材料となっているようだ。

    また、大規模な自社株買いの発表を契機に動意づいたグリー<3632>は連日商いを伴いつつ6日続伸した。

    ほか、エイチーム<3662>やgumi<3903>、エディア<3935>などがしっかり。

    半面、壽屋(コトブキヤ)<7809>の下げがきつく、coly<4175>やバンク・オブ・イノベーション<4393>、HEROZ<4382>なども売られた。

グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る
株式会社ユークス
http://www.yukes.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ユークス
設立
1993年2月
代表者
代表取締役社長 谷口 行規
決算期
1月
直近業績
売上高26億5000万円、営業損益1億7400万円の赤字、経常損益3億2900万円の赤字、最終損益4億1500万円の赤字(2021年1月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4334
企業データを見る