【ゲーム株概況(10/13)】今期も2ケタ超の増収増益見込むSHIFTが大幅反発 通期業績予想を増額の東宝も買われる 前日急騰のユークスは利益確定売りに

  • 10月13日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比90.33円安の2万8140.28円で取引を終えた。IMF(国際通貨基金)が世界経済見通しで、2021年の実質成長率を引き下げたことが嫌気され、朝方に一時2万8000円割れまで売られる場面があったものの、一巡後はやや持ち直した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、前日12日に2021年8月期の連結決算を発表し、続く22年8月期も2ケタ超の増収増益を見込むことを明らかにしたSHIFT<3697>が大幅反発した。

    また、グリー<3632>が7日続伸し、上半期の業績好調を受けて2022年2月期通期の業績予想の上方修正を発表した東宝<9602>も買われた。

    ほか、ネクソン<3659>や東京通信<7359>などがしっかり。

    半面、前日買われたユークス<4334>は利益確定の売り物に押され、この日の大引け後に2021年8月期決算の発表を控えたワンダープラネット<4199>は発表内容への警戒感から続落した。

    マイネット<3928>やバンク・オブ・イノベーション<4393>、ギークス<7060>なども売られた。

東宝株式会社
https://www.toho.co.jp/

会社情報

会社名
東宝株式会社
設立
1932年8月
代表者
代表取締役社長 社長執行役員 島谷 能成
決算期
2月
上場区分
東証一部
証券コード
9602
企業データを見る