セガ、12月15日配信予定のスマホ向け新作RPG『シン・クロニクル』のゲーム最新情報を公開 謎の書物「クロニクル」や地上を守る「境界騎士団」など

セガは、本日(10月15日)、12月15日配信予定のスマートフォン向け新作RPG『シン・クロニクル』のゲーム最新情報を公開した。

■ゲームシステムと世界観に関わる、謎の書物「クロニクル」
主人公が、奈落の底で謎の声に導かれた先で見つける、謎の書物「クロニクル」。「クロニクル」が持つさまざまな力のひとつが、「死の未来」を所有者に視せる「死の幻視」だ。主人公はこの力を得たことをきっかけに、自身や仲間の凄惨な未来を回避するために奮闘していく。

■命運を左右する「運命の言葉」
「クロニクル」は、死の幻視とともにその滅びを招く「運命の言葉」を警告として主人公に見せる。運命の言葉は、メインストーリーの中で意味が徐々に明らかになっていく。プレイヤーは仲間との絆を深め、死の運命を打開するヒントを得ることで、運命の言葉を死の原因から、希望の源へと変えていくことができる。

■絆で切り開く「運命の扉」
希望の源へと変わった運命の言葉は、各章のクライマックスに登場する「運命の扉」を開くことを後押しする。それぞれの言葉は、運命の扉を開くための最後のひと押しにつながるメッセージとなっており、プレイヤーがこれまでに積み重ねてきたドラマを思い出しながら、最後の選択を行えるようになっている。また、パーティに加えた仲間たちも選択の場に現れ、プレイヤーに選択を委ねていく。

■黒の軍勢の侵攻から地上を守る「境界騎士団」
「境界騎士団」は、奈落から湧き出てくる黒の軍勢を相手取って、人類を守り続けている組織。巨大な奈落の東西南北いずれからの侵攻にも対応可能なように、大きくは4つの方面の「南方大騎士団」「北方大騎士団」「西方大騎士団」「東方大騎士団」に分かれている。

■仲間と出会う場所「酒場」
本作では、シナリオの進行にあわせて仲間が増えていくほか、ストーリーが進むと解放されていく「酒場」でも仲間を迎え入れることができる。酒場では、冒険をともにする新たな隊員のほか、パーティを加護する精霊たちを仲間にすることが可能だ。

■キャラクターの強化方法
【武器装備】
ダンジョンで戦うことで経験値が溜まり、キャラクターはレベルアップしていく。また、レベルアップによるステータスの上昇以外にも、キャラクターを強化する方法が存在し、その一つが武器装備だ。武器はガチャではなく、ダンジョンの宝箱や、敵を倒すことで入手可能となっている。同じ名前の武器でも、付与されている特殊能力が異なることがあるので、キャラの長所を伸ばしたり、短所を補うように装備させることができる。

【アビリティパネル】
バトルで獲得したパネル Pt を使用することで、キャラクターのステータスを上げたり、スキルを獲得することができる。何を優先してアビリティを取っていくかは、プレイヤー次第だ。

■事前登録件数と事前登録者の「選択」により報酬内容が変化!? 事前登録キャンペーン開催中
『シン・クロニクル』の配信に先駆けて、事前登録キャンペーンを開催している。App Store、Google Playのほか、Twitter、LINE、メールマガジンでの登録が可能だ。登録数に応じて、豪華報酬を全員にプレゼントする。なお、登録数15万・30万・50万件の突破報酬は、Twitter投票による、みんなの“選択”で決定する。

<報酬一覧>
【達成!】5万件突破…300ゴールド&30ジェム
10万件突破…400ゴールド&40ジェム
15万件突破…武器強化素材「蒼石」15個 or 精霊強化素材「霊蝶(小)」15個
20万件突破…500ゴールド&50ジェム
30万件突破…???? or ????
40万件突破…600ゴールド&60ジェム
50万件突破…リリース初日に800ジェム or リリース後毎日500ジェム×4日間

■『シン・クロニクル』

©SEGA

株式会社セガ
https://www.sega.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社セガ
設立
1960年6月
代表者
代表取締役会長CEO 里見 治紀/代表取締役社長COO 杉野 行雄
決算期
3月
直近業績
売上高1342億8500万円、営業利益183億7200万円、経常利益225億1700万円、最終利益256億2000万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る