セガ、『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』を1月27日に発売 世界滅亡後の未来を生き残るサバイバルシミュレーション

セガは、 シミュレーション・ストラテジーゲームに定評のあるParadox社の最新作『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』を、2022年1月27日にPS4、 Nintendo Switch用ソフトウェアとして日本(およびアジア地域)で発売する。

『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』は、 世界滅亡後の未来を生き残る、 サバイバルシミュレーションゲーム。 プレイヤーは、 滅亡後の世界にコロニーを建設し、 隕石やフォールアウトなどの回避不能な脅威をしのぐため、 より強固な住居を作り、 周囲を探索したりしながら、 新技術の研究を進めていく。

失われた文明を取り戻すためには、 特別な能力を持つ「スペシャリスト」、 さまざまな効果を持つ「建造物」、 無限に広がる「テックツリー」などの各要素をうまく操ることが必要。 それぞれの要素は深く絡み合っており、 本作独自の奥深いゲームシステムが堪能できる。

コロニーの住人やマップは、 ゲームを始めるたびにランダムで変化する。 また、 テックツリーもプレイスタイルの設定内容によって変化するため、 繰り返しゲームを楽しむことが可能。 選んだプレイスタイル、 難易度によってAIが働き、 遊ぶたびに異なるゲーム体験ができる。

サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-
対応機種 : PlayStation(R)4、 Nintendo Switch
発売日 : 2022年1月27日(木)発売予定
希望小売価格 : パッケージ版・デジタル版:5,980円(税込6,578円)
ジャンル: サバイバルシミュレーション
プレイ人数: 1人
発売・販売 : 株式会社セガ
CERO : C区分(15歳以上対象)

(C)2021 Paradox Interactive. (C)SEGA. All rights reserved.
Developed by ICEFLAKE STUDIOS.

株式会社セガ
https://www.sega.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社セガ
設立
1960年6月
代表者
代表取締役会長CEO 里見 治紀/代表取締役社長COO 杉野 行雄
決算期
3月
直近業績
売上高1342億8500万円、営業利益183億7200万円、経常利益225億1700万円、最終利益256億2000万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る