ドリコム、『悪魔王子と操り人形』のゲームがプロト開発から本開発に移行 SNSのフォロワー数やコミュニティ活動も活発で熱量が高い

ドリコム<3793>は、この日(10月28日)、オリジナルIP『悪魔王子と操り人形』のゲームの本開発に移行したことを明らかにした。2019年11月に公式Twitter、翌月に公式サイトを開設し、その後、キャラクターやストーリー、キャストなどの作品情報を順次公開し、プロトタイプを開発してきたという。

公式Twitterアカウントのフォロワーが8万3000人、Instagramも4万4000人となるなどファン獲得が進んでいるだけでなく、ファンコミュニティも活発で熱量が高いという。ファンの醸成が進んできたと判断し、今回、プロトタイプ開発から本開発に移行したとのことだった。

なお、新作パイプラインについては、2022年3月期中にリリース予定のタイトルは『新日本プロレスSTRONG SPIRITS』と『ミコノート』、未発表のオリジナルタイトルの合計3本となる。ただ状況によっては来期にずれ込むタイトルが出る可能性もあるとのこと。

 また、来期(2023年3月期)以降にリリースするのは、本作と『Wizardry VA(仮)』、AROWを用いた位置情報IPタイトルなど新規5本、既存タイトルの海外版1本の合計6本の開発を進めているそうだ。

株式会社ドリコム
http://www.drecom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ドリコム
設立
2001年11月
代表者
代表取締役社長 内藤 裕紀
決算期
3月
直近業績
売上高118億4000万円、営業利益20億5200万円、経常利益20億1900万円、最終利益16億2400万円(2021年3月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3793
企業データを見る