【ゲーム株概況(11/2)】でらゲーとの資本提携で新作開発の進展期待のケイブがS高 『アラド戦記モバイル』に関心のネクソンは大幅続伸 グリーは4ケタ大台乗せ

  • 11月2日の東京株式市場では、日経平均は3日ぶりに反落し、前日比126.18円安の2万9520.90円で取引を終えた。前日に700円超の急騰を演じていたこともあり、朝方から利益確定の売り物が先行した。ただ、今後実施されるであろう経済対策への期待が下支えとなり、売り一巡後は底堅さを見せる展開となった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ケイブ<3760>とドリコム<3793>がストップ高し、ユークス<4334>も一時ストップ高まで買われた。ケイブは、前日11月1日にでらゲーと資本提携し、第三者割当による新株発行で約5.8億円の資金調達を実施すると発表したことが市場の関心を集めている。この資金調達で、「東方Project」のIP許諾に伴う新規ゲーム開発が進むことへの期待が先行しているようだ。

    また、ネクソン<3659>が大幅続伸し、2000円台を回復してきた。ネクソンは、前日1日に韓国において『アラド戦記モバイル』を2022年第1四半期に配信開始予定であることを明らかにしたことが株価の刺激材料となったもよう。

    ほか、メタバース関連として物色を集めたグリー<3632>が大幅続伸し、終値ベースで1000円大台乗せを示現した。

    半面、Aiming<3911>やgumi<3903>、カヤック<3904>などが売られ、東海東京証券がレーティングを「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に格下げし、目標株価も3730円から3030円に引き下げたカプコン<9697>もさえない。

株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ケイブ
設立
1994年6月
代表者
代表取締役社長 秋田 英好/代表取締役副社長 安藤 裕史
決算期
5月
直近業績
売上高17億400万円、営業損益2億2500万円の赤字、経常損益2億3300万円の赤字、最終損益2億4400万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
3760
企業データを見る
グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る
株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2930億円、営業利益1114億円、最終利益562億円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3659
企業データを見る