KONAMI、今秋に予定していたモバイルアプリ『eFootball ウイニングイレブン 2021』の『eFootball 2022』へのアップデート配信を2022年春に延期

コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)は、今秋に予定していたモバイルアプリ『eFootball ウイニングイレブン 2021』の『eFootball 2022』へのアップデート配信を2022年春へ延期することを発表した。

同社は、『eFootbal 2022』を今秋にアップデート配信として届けるため、スタッフ一同鋭意制作に取り組んできたが、ユーザーの期待に応えるクオリティで製品を届けるためにはさらなる制作期間が必要であるとの判断に至り、アップデート配信を延期することを決定した。

なお、アップデート配信の延期に伴い、10月に予定していた『eFootball 2022』アップデート配信時に搭載されない『eFootball ウイニングイレブン 2021』搭載選手の発表についても、併せて延期する。また、これまでに発表したアップデート配信に伴う「ゲーム内資産および各種データの引継ぎについて」の内容に変更の予定はないとしている。

『eFootball 2022』のアップデート配信前に有効期限を迎えるeFootballポイントについては、アップデート配信以降も使えるような対応を実施する予定だ。 詳細は追ってゲーム内の告知にて発表する。


©2021 Konami Digital Entertainment

株式会社コナミデジタルエンタテインメント
https://www.konami.com/games/corporate/ja/

会社情報

会社名
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
設立
2006年3月
代表者
代表取締役会長 東尾 公彦/代表取締役社長 早川 英樹
決算期
3月
直近業績
売上高1956億2200万円、税引前利益648億4800万円、最終利益435億5600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る