【ゲーム株概況(11/11)】KLabが大幅続伸 『夢幻戦士ヴァリス』の北米向けパッケージ版発売決定でエディアが動意づく 3Q決算発表のセレスは目先出尽くしに

  • 11月11日の東京株式市場では、日経平均は5日ぶりに反発し、前日比171.08円高の2万9277.86円で取引を終えた。前日までの下落により、値ごろ感のある好決算銘柄に見直し買いが入った。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、KLab<3656>が大幅続伸したほか、ドリコム<3793>やcoly<4175>なども買われた。

    また、Nintendo Switch用ソフト『夢幻戦士ヴァリスCOLLECTION』の海外(北米)向けパッケージ版の発売が決定したことを発表したエディア<3935>が後場に入って動意づいた。

    ほか、サイバーエージェント<4751>やDeNA<2432>がしっかり。

    半面、ワンダープラネット<4199>が反落して終値ベースで2000円割れとなり、ガーラ<4777>やバンク・オブ・イノベーション<4393>なども売られた。

    周辺株では、前日11月10日に第3四半期決算を発表したセレス<3696>が、目先の出尽くし感から急反落した。

株式会社エディア
http://www.edia.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エディア
設立
1999年4月
代表者
代表取締役社長 賀島 義成
決算期
2月
直近業績
売上高24億7000万円、営業損益2300万円の赤字、経常損益3400万円の赤字、最終損益8000万円の赤字(2021年2月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3935
企業データを見る
セレス

会社情報

会社名
セレス
企業データを見る