HIKKY、シリーズAラウンドでNTTドコモより65億円調達 自社エンジン「Vket Cloud」とオープンメタバースの開発・サービス展開に注力

HIKKYは、NTTドコモを引受先とした第三者割当増資により、シリーズAラウンドのファーストクローズで65億円を調達した。両社は2021年10月20日に資本・業務提携を締結している。現在は同ラウンドのセカンドクローズも検討しているが、当該両クローズによる資金調達後も、HIKKYの独立性を維持する予定。

調達した資金は、VRコンテンツ開発エンジン「Vket Cloud」などVR関連サービスの開発体制の強化、同エンジンを用いたオープンメタバースの開発・運営、バーチャルマーケットやVket Cloudを含むVRサービス事業の国内外への拡大、組織基盤強化などに充当する方針。

■資金調達の目的と今後の展開
今回の調達した資金は、主に以下の項目の強化に充てる。
・オープンメタバースの開発、サービス提供
・Vket Cloudエンジンの開発体制の強化
・バーチャルマーケット事業の開発体制の強化
・海外展開を含めた事業拡大

■HIKKYの注力事業「オープンメタバース」とは
HIKKYが提唱するオープンなメタバースとは、
・プラットフォームの壁を超えて人々が行き交う環境
・オープンワールドにおける大人数での体験やコミュニケーション
・独自ドメインでオリジナルのコンテンツ展開
・デバイスフリー&アプリレスでの簡単なアクセス
を実現するサービス。

 今後、HIKKYは、バーチャルマーケット事業によって繋がった数多くのクリエイターや、パートナー企業の力を借りながら、自社開発エンジンであるVket Cloudを用いて「オープンメタバース」の開発・サービス展開を行う。

また、オープンなメタバースにおいて、これまでの社会では評価することのなかったあらゆる人の創造性やコミュニケーションが新しい価値として認められ、新たな経済圏とするべく様々なサービスを提供していく。