コーエーテクモ、来年放送予定のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウ氏が3DCG地図監修として参加

コーエーテクモゲームスは、2022年1月9日より放送されるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に、同社ゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウ氏が3DCG地図監修として参加することを発表した。

シブサワ・コウ氏は、2015年に放送されたNHK大河ドラマ「真田丸」にも3DCG地図監修として参加し、「信長の野望」シリーズで使用されている戦国時代の日本を再現した3Dマップをドラマ内の場面説明で使用することに協力した。今回の「鎌倉殿の13人」では、最新作で使用されている、より高精細でリアルな3Dマップデータを使い、当時の日本の地理や点在する勢力の配置、山岳や河川などによる行軍の難しさなどをドラマ内で表現している。

【シブサワ・コウ氏コメント】
大河ドラマ「真田丸」でご好評いただいた3Dマップを、「鎌倉殿の13人」で再び使っていただけるということで非常にありがたく思っています。「真田丸」のオープニングで私の名前が出た際は、ゲーム業界の様々な方がとても喜んで連絡をくださいました。ゲーム業界に籍を置く1人のクリエイターとして、今回も日本を代表するエンタテインメントである大河ドラマに参加させていただくことはとても嬉しく、誇りに感じております。今回使用するマップは「真田丸」の際よりもバージョンアップし、高精細化していますので、日本列島の山や渓谷、河川などがはっきりくっきりと表現されています。三谷幸喜さんの脚本、小栗旬さんをはじめ錚々たるキャストの方々の演技と合わせ、「信長の野望」で使用している3Dマップを活用した表現も楽しんでいただければ幸いです。2022年に発売を予定している『信長の野望・新生』にもどうぞご期待ください。

▼NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」公式サイト
https://www.nhk.or.jp/kamakura13/

▼『信長の野望・新生』公式サイト
https://www.gamecity.ne.jp/shinsei/

▼シブサワ・コウ 40周年記念サイト
https://www.gamecity.ne.jp/shibusawa-kou/

株式会社コーエーテクモゲームス
https://www.gamecity.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社コーエーテクモゲームス
設立
1978年7月
代表者
代表取締役会長(CEO) 襟川 陽一/代表取締役社長(COO) 鯉沼 久史
決算期
3月
直近業績
売上高524億4300万円、経常利益363億8300万円、最終利益275億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る