【ゲーム株概況(1/14)】新作『メメントモリ』の海外向けの事前登録を開始のBOIが逆行高 3Q決算への期待でエディアがしっかり

  • 1月14日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比364.85円安の2万8124.28円で取引を終えた。米国市場でハイテク株が売られたことに加え、為替が1ドル=113円台まで円高に振れたこともあり、ハイテク株や輸出関連株を中心に売り物が広がった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>が逆行高した。BOIは、開発中の新作RPG『メメントモリ』について、海外向けの事前登録の受付を開始したと発表したことが市場の関心を集めたようだ。

    また、エディア<3935>やコムシード<3739>、モブキャストHD<3364>がしっかり。エディアは、この日の大引け後に第3四半期決算の発表を予定していたが、第2四半期までの実績から好決算発表への期待が株価の下支えとなったもよう。

    半面、ワンダープラネット<4199>が続落し、スクウェア・エニックスHD<9684>やバンダイナムコHD<7832>など大手ゲーム株の一角も売られた。

    周辺株では、第3四半期決算を発表したメディアドゥ<3678>が、足元9~11月の収益が鈍化したとの見方から商いを伴って大幅続落した。

株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
http://www.boi.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
設立
2006年1月
代表者
代表取締役社長 樋口 智裕
決算期
9月
直近業績
売上高21億2900万円、営業損益8億700万円の赤字、経常損益8億100万円の赤字、最終損益5億4100万円の赤字(2021年9月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
4393
企業データを見る
株式会社エディア
http://www.edia.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エディア
設立
1999年4月
代表者
代表取締役社長 賀島 義成
決算期
2月
直近業績
売上高24億7000万円、営業損益2300万円の赤字、経常損益3400万円の赤字、最終損益8000万円の赤字(2021年2月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3935
企業データを見る
株式会社メディアドゥ
https://mediado.jp/

会社情報

会社名
株式会社メディアドゥ
設立
1996年4月
代表者
代表取締役社長CEO 藤田 恭嗣
決算期
2月
上場区分
東証一部
証券コード
3678
企業データを見る