コーエーテクモHD、スマホゲームの売上高は68%増の257億円と大幅増 家庭用ゲーム上回る 『三國志 覇道』と『三国志・戦略版』が好調

コーエーテクモホールディングス<3635>は、第3四半期累計(21年4~12月)のスマホ・ソーシャルゲームの売上高が前年同期比67.9%増の257億4000万円と大幅に伸びたことを明らかにした。家庭用ゲームソフトの売上高250億6700万円を上回った。

国内と台湾・香港・マカオ地域で配信中の『三國志 覇道』が収益に貢献したほか、IP許諾タイトル『三国志・戦略版』(国内では『三國志 真戦』)も好調を維持したため、としている。

PCオンラインの数字も含めた形になるが、累計ダウンロード数については国内が0.5%増の3085万ダウンロードとなった一方、海外が同105.6%増の7362万ダウンロードと大きく伸び、全体としては57.1%増の1億0447万ダウンロードと大きく伸びた。

なお、高い伸びを続いている同社のスマホ・ソーシャルゲームだが、第3四半期(21年10~12月)に限ってみると、売上高がこの四半期は久々に前四半期比で3.6%減の84億9000万円と久々のマイナスとなった。

 

コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高727億5900万円、営業利益345億2700万円、経常利益486億9600万円、最終利益353億5900万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3635
企業データを見る