【ゲーム株概況(3/15)】エイチームが3日ぶり反発 今期の増収増益予想を材料にポールHDが1200円台を回復 壽屋(コトブキヤ)は大幅続落

  • 3月15日の東京株式市場では、日経平均は小幅続伸し、前日比38.63円高の2万5346.48円で取引を終えた。NYのWTI原油先物の下落に加え、為替も1ドル=118円台と円安方向に振れていることが市場の下支えとなった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、通期の赤字見通しを受けて前日に売られていたエイチーム<3662>が3日ぶりに大幅反発し、gumi<3903>も続伸した。両社の展開に加え、バンダイナムコ研究所がゲームに特化したブロックチェーン「Oasys」プロジェクトに初期バリデータとして参加することが発表されるなど、足元のブロックチェーン関連のニュースの浮上も株価の刺激材料となっているようだ。

    また、アピリッツ<4174>やバンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>、オルトプラス<3672>が買われた。

    周辺株では、前日3月14日に2022年1月期の連結決算を発表し、続く2023年1月期の増収増益予想を開示したポールHD<3657>が3日ぶりに大幅反発し、終値ベースで1200円台を回復した。

    半面、グリー<3632>が3日続落となり、任天堂<7974>やスクウェア・エニックスHD<9684>など大手ゲーム株の一角も安い。

    BANDAI SPIRITSが新商品を発表しているオリジナルガールズプラモデル「30MINUTES SISTERS」が、今後競合商品になっていくのではとの懸念から壽屋(コトブキヤ)<7809>が大幅続落した。

ポールトゥウィンホールディングス株式会社
https://www.phd.inc/

会社情報

会社名
ポールトゥウィンホールディングス株式会社
設立
2009年2月
代表者
代表取締役会長 橘 民義/代表取締役社長 橘 鉄平
決算期
1月
直近業績
売上高342億5200万円、営業利益33億500万円、経常利益33億8200万円、最終利益22億4100万円(2022年1月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3657
企業データを見る
株式会社壽屋(コトブキヤ)
https://company.kotobukiya.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社壽屋(コトブキヤ)
設立
1953年1月
代表者
代表取締役社長 清水 一行
決算期
6月
直近業績
売上高95億4300万円、営業利益9億8700万円、経常利益9億8900万円、最終利益6億7900万円(2021年6月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
7809
企業データを見る