アカツキ、セカンドホーム・サブスクリプションサービス「SANU 2nd Home」を運営するSanuに出資

  • アカツキ<3932>は、本日(4月20日)、セカンドホーム・サブスクリプションサービス「SANU 2nd Home(サヌ セカンドホーム)」を運営するSanuへの出資を実施したことを発表した。具体的な出資額は非開示。

    同社は、SANUの「Live with nature. / 自然と共に生きる。」のビジョンに共鳴し、自然の中での暮らしをより多くの人に提供することで「人と自然が共生する社会」の実現を推進するSANUへの出資を決定した。今後は資金面に加え、経営/事業におけるサポートを実施していく。

    「SANU 2nd Home」は、月額5.5万円で「自然の中にある家と暮らし」を提供するセカンドホーム・サブスクリプションサービス。別荘の賃貸や購入ではなく、スマホひとつでサブスク登録するだけで、都心から好アクセスな日本各地の自然立地に建つキャビンにいつでも滞在できる「もう一つの家(セカンドホーム)」を持つことができる。2021年4月のサービスリリース時点で初期会員枠は即時完売し、2021年11月のサービス開始から5ヵ月間でウェイティング登録者数は2300名に到達した。

    今後は、2024年までに20拠点200棟を目標に拠点開発を推進し、セカンドホームの普及と市場の拡大を担っていく。

    ▼株式会社Akatsuki Ventures 「Dawn Capital」代表パートナー 石倉 壱彦氏コメント
    都市にモノや情報が溢れる中で、アウトドアや地方移住といった自然回帰のライフスタイルが大きなトレンドとなっていくことが予想されます。「Live with nature. /自然と共に生きる。」というビジョンを掲げ、定常的に自然との接点を提供するSANUは、福島さんをはじめとした事業経験豊富な経営メンバーのもと、ライフスタイルのニュースタンダードを創っていく存在となることを確信しています。⼈と⾃然が共⽣する新たなライフスタイルの創造に伴走させていただき、持続可能な社会の実現に貢献していきたいです。

    ▼株式会社Sanu CEO 福島 弦氏コメント
    SANUは「Live with nature. / 自然と共に生きる。」という理念を掲げ、SANU 2nd Home事業を運営しております。サンスクリット語で「太陽」という意味を持つSANU。気候変動が深刻化する中で、自然に触れて好きになる人を増やすことが、人と自然の共生にとって大きな意義を持つと考えています。“時代を先駆け、世の中を照らす太陽のような存在となるスタートアップを支援する”という理念を持つDawn Capitalからご支援をいただき、明るく世界を変えて行くことを目指します。

株式会社アカツキ
http://aktsk.jp/

会社情報

会社名
株式会社アカツキ
設立
2010年6月
代表者
代表取締役CEO 香田 哲朗
決算期
3月
直近業績
売上高262億7300万円、営業利益74億4800万円、経常利益78億6700万円、最終利益51億9300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3932
企業データを見る