カプコン、22年3月期の期末配当予想を従来予想の1株当たり18円から28円に10円増配 連結配当性向は年間で30.2%に

  • カプコン<9697>は、4月21日、2022年3月期の期末配当予想を従来予想の1株当たり18円から28円に10円増配することを発表した。中間配当18円と合わせ、年間では36円から46円に増配したことになる。

    また、同社の2021年3月期の年間配当は71円だが、同社は昨年4月に1対2株の株式分割を実施しており、対前年比較では実質10.5円の増配となっている。

    同社は、株主に対する利益還元を経営の重要課題のひとつと考えており、将来の事業展開や経営環境の変化などを勘案のうえ、連結配当性向30%を基本方針とし、かつ安定配当の継続に努めている。

    今回公表した2022年3月期通期連結業績予想の上方修正などを踏まえ、上記方針のもと、2022年3月期における期末配当予想を修正し、前回予想の1株当たり18円から1円増配し、28円とすることを決定した。

    この結果、中間配当金(1株当たり18円)と合わせた2022年3月期の年間配当金は1株当たり46円になるとともに、連結配当性向は30.2%となる予定だ。

株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社カプコン
設立
1983年6月
代表者
代表取締役社長 最高執行責任者 (COO) 辻本 春弘
決算期
3月
直近業績
売上高1100億5400万円、営業利益429億900万円、経常利益443億3000万円、最終利益325億5300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9697
企業データを見る