バンナムHD、2025年日本国際博覧会へパビリオン出展 リアルとバーチャルが連動した未来体験を構想


バンダイナムコホールディングスは、5月30日、2025年日本国際博覧会へパビリオン出展を行うと発表した。

今回の2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)では、バンダイナムコグループの自社IPである「機動戦士ガンダム」を軸に、「もうひとつの宇宙世紀」を舞台に、未来社会の課題解決に向けた壮大な実証実験を行う『ガンダムパビリオン(仮称)』を出展する。

「機動戦士ガンダム」は、1979年のTVアニメーション放送から40年以上にわたり映像作品や商品・サービスなどを通じてファンとつながり続けることで、IPの価値を向上させてきた。

また、「機動戦士ガンダム」を通じて社会問題を考えるサステナブルプロジェクト「GUNDAM UNIVERSAL CENTURY DEVELOPMENT ACTION (GUDA)」を立ち上げるなど、IPからSP(社会的アイコン)への成長を目指し、さまざまな社会的課題への取り組みを行っている。

今後は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の成功に向けて、『ガンダムパビリオン(仮称)』の具体化 および 準備を進めていく。

【『ガンダムパビリオン(仮称)』構想概要】
・未来社会の課題解決に向けた実証実験

・人と人のつながりによる「共創」の実現

・「機動戦士ガンダム」が示す未来の可能性

・リアルとバーチャルが連動した未来体験

(※)Intellectual Property:キャラクターなどの知的財産


株式会社バンダイナムコエンターテインメント
https://www.bandainamcoent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
代表取締役社長 宮河 恭夫
決算期
3月
直近業績
売上高2507億6500万円、営業利益428億2000万円、経常利益440億5500万円、最終利益332億5700万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る